外構工事のプロのおはなし

外構工事のプロのおはなしや池之上造園からの情報

人と愛犬が安全で快適に過ごせる庭作りのポイント

昔とは違い近年は犬を室内で飼っている方が増えましたが、ずっと家の中にいては運動不足にもなるし、ストレスもたまります。
散歩はもちろん必要ですが、ご自宅に庭があるのであれば、庭で思いっきり遊ばせたいですね。
ワンちゃんと庭で遊びたいと考えている方、庭はあるけど有効活用できていないという方へ、人と愛犬が安全で快適に過ごせる庭作りのポイントをご紹介いたします。

愛犬と飼い主にとって快適な庭作りのポイント5つ

1、フェンスや門扉で囲まれていて自由に走り回れる
2、庭と室内との出入りがしやすい
3、陽当たりが良く、休憩できる日陰がある
4、足や体が汚れたときに洗う場所がある
5、愛犬の足に優しい舗装

1、フェンスや門扉で囲まれていて自由に走り回れる

ドックランのように自由に走り回れるようにするためには庭を全てフェンスや門扉で囲うことです。
大型犬などジャンプが得意な子の場合は背の高い囲いが必要です。逆に小型犬の場合は門扉やフェンスの下の隙間があるとそこから出て行ってしまうのですき間を最小限にしなくてはいけません。

2、庭と室内との出入りがしやすい

庭と室内を行き来するのにいちいち玄関を通って出入りするのも良いですが、リビングなどから直接お庭に出れると便利です。その際気になるのが室内とお庭との段差(高低差)です。通常約50cm程度の高低差があるので上り下りもしにくいものです。そこであると便利なのがウッドデッキやタイルデッキです。デッキを階段状に作る事で庭への行き来がしやすくなります。また、デッキをフェンスで囲えばそこで遊ばせることもできます。デッキに椅子やテーブルなどを置いて庭を元気に駆け回る愛犬の姿を見守りながらのんびり過ごすのも良いでしょう。

3、陽当たりが良く、休憩できる日陰がある

ワンちゃんも人と同じように日光浴をするのも健康の為には必要ですが、ずっと日向で走り回っていると体温が上がり過ぎてしまいとても危険です。
疲れたときや暑いと感じたときに休憩できる場所と日陰があると良いでしょう。

4、足や体が汚れたときに洗う場所がある

庭に洗い場があると、散歩から帰ってきたとき汚れた足を洗うのにとても便利です。また、庭で遊んでいるときに新鮮な飲み水を上げることもでき、夏には水遊びもできます。

5、愛犬の足に優しい舗装

大切なワンちゃんの足腰を守るためには地面を覆う床材(舗装)選びが一番重要です。すべりやすい素材やコンクリートなどの硬すぎる素材はワンちゃんの足腰に負担がかかるので避けた方が良いでしょう。
天然芝や人工芝、ウッドチップなどがおススメで、中でも天然素材の芝生やウッドチップは直射日光下でも熱くなりにくく体に優しいので特に良いでしょう。

快適!ペットガーデンおすすめグッズ

おすすめグッズ「日除け(シェード)」

庭木などで木陰ができないようなお庭の場合は日除け(シェード)を設置するのをお勧めします。家の外壁に取り付けるものもありますが外壁に穴をあけたくない方には窓サッシに固定するロールスクリーン上になったタイプもあります。必要な時だけ引っ張り出せばよいので便利です。

LIXILスタイルシェード

おすすめグッズ「ひのきウッドチップ」

針葉樹のさわやかな香りも楽しめるウッドチップです。ドックランなどに敷き詰めれば、消臭・抗菌などの効果も発揮します。また、お庭の雑草抑制や、土壌の保温・保湿、冬の霜防止にも役立ちます。
天然素材なので環境にも人にもペットにも安全で優しいです。

おすすめグッズ「立水栓+ガーデンパンとシャワーヘッド」

散歩から帰ってきたときなど汚れた足などを外で洗うことが出来るのが立水栓とガーデンパンです。小型犬の場合はガーデンシンクのような背の高いものを選ぶと洗う時に屈まずに済むので飼い主さんの腰への負担を軽減できます。大型犬の場合は体がすっぽり入る大きいガーデンパンをつけてあげるとワンちゃんが落ち着くので洗いやすくなります。又、蛇口をシャワーヘッドに変えることで洗いやすくなり便利です。


シャワーヘッドを付けた立水栓大きいガーデンパン

シャワーヘッド付きガーデンシンク
おすすめグッズ「リードフック・ステイポール」

庭で遊んでいるワンちゃんから目を離さなければいけない時に便利なのがリードフックやステイポールです。リードフックは一時的にワンちゃんをつないでおくためにリードをひっかけておく金具です。丈夫な壁などに取り付けて使用します。
ステイポールはリードフックが付いた柱状のもので、地面に埋め込んだり、アンカーで固定したりして設置します。

リードフック
ステイポール

 人と愛犬が安全で快適に過ごせる庭作りのポイントやおススメグッズをご紹介させていただきました。
他にもご提案できるノウハウがありますので一度ご相談されてみてはいかがでしょうか?
大切な家族であるワンちゃんに少しでも長く元気でいられるようにお庭で思い切り遊ばせてください。

関連記事一覧