外構工事のプロのおはなし

外構工事のプロのおはなしや池之上造園からの情報

クラピア

ナチュラルガーデンのすすめ③ 「グランドカバープランツによる雑草対策」

グランドカバープランツ(地被植物)を使って自然な雑草対策をしよう!

お庭の手入れで一番大変なのは「雑草取り」ですよね?防草シートや砂利を敷くとかコンクリートで固めてしまうなど色々雑草の対策はありますがそれぞれ景観や効果に問題があったり費用が高かったりします。そんな雑草対策を自然で景観・環境に配慮した方法「グランドカバー」でやってみてはいかがでしょうか?今回は植物で地面を覆うことによる雑草対策をご提案いたします。

クラピア

グランドカバープランツ(地被植物)とは?

グランドカバープランツ(地被植物)とは、簡単に言うと地面を這う・覆うように広がりながら成長する植物のことを言います。いろいろな植物があり花が咲くものもありますが人によっては雑草と同じに見られてしまう場合もあります・・・。芝生なんかも大まかにいえばグランドカバーの一種と言えます。

グランドカバーの効果・利点

①グランドカバーが地面を覆うことによって、雑草が生えるスペースを無くし雑草が生えにくくすることができます。

②植物なので地表の温度上昇を抑え地球の温暖化対策にもなります。

③横に広がる性質の植物を成長を見越して間隔をあけて植えるので植える量も少なく済み経済的。

④何よりも緑で覆われることにより視覚的な癒し効果があります。

お勧めのグランドカバープランツ

イワダレソウ「クラピア」クラピア

「クラピア」は、イワダレソウの改良品種で、柔らかな葉茎が高速で被覆し、美しく密なグリーンカーペットを作ります。成長が早いので1㎡に6個植えれば1シーズン(春から秋)でおおよそ全面覆います。立ち上がりも少なく、踏まれることにも強いので芝生のように庭に植えることも可能です。

1㎡に6個植えた所

防草植栽シートを敷くことで雑草が生えることを抑制しながらクラピアだけを成長させることが可能。1㎡に6個間隔を空けて植えます。

 

関連記事一覧