草取り不要。手間のかからないお庭の雑草対策

草取り不要。手間のかからないお庭の雑草対策

[`evernote` not found]

1)「雑草の根絶方法と除草作業の種類」

 春になり気温が上がり、日照時間が長くなるにつれて雑草が増えていきます。

 そのまま放置すると庭全体に広がりお庭の景観が損なわれてしまいますので、 そうなる前に除草作業を行う必要があります。除草作業の方法としては

 ①手や鎌を使って抜き取る→時間と労力が掛かる

  ②刈払い機を使って刈る→根っこが残り数日後には生えてくる

 ③除草剤を散布して枯らす。→雑草以外の樹木などに影響を及ぼす

 以上のように除草作業は手間が掛かるので、ここでは手間のかからない お庭のリホーム方法を紹介します。

 

2)雑草対策方法① 「防草シート+砂利敷」

 この方法が一番安価で工事費用が抑えられます。

  防草シートは、日光を遮断して草の発芽と成長を 抑制します。
 ただし、厚さが薄かったり網目の物などはシートを敷いても雑草が生えてくる虞があります。また、雑草の種類(葦・スギナなど)によっては防草シートが効かない場合もありますので注意が必要です。

 シートには透水性があるので樹木の周りにも敷けます。
 砂利敷きは防草シートの押さえ・劣化の保護の為にも敷く事をお勧めします。

 敷き厚は5cm程度が目安です。

 お庭の景観を考慮して化粧砂利や防犯を考慮して踏むと音がする砂利などもあります。

 ※防草シートは100%雑草を生えなくできるものではありません。シートの縁や重ね部分、敷いた砂利面に雑草が生える場合があります。


  要確認ポイント!

 「施工前に生えている雑草の種類を確認」

 防草シートを張る前に、既設の雑草は刈り取るなど一旦除去しますが、根っこや種子は残ってしまいます。

 貫通力の強い雑草(葦・スギナなど)が生えているようであれば、土の入れ替えやより強力なシートにする必要があります。

 「防草シートの質や厚みをチェック!」

 安価なものは雑草が突き抜けてはえてくるので要チェックです。

 「上に敷く砂利が粒の大きさチェック!」

 砂利の粒子が細かい砂状のものが多いと、そこに雑草が生える場合があります。

 

3)雑草対策方法② 「コンクリートなどによる舗装」

   防草シート+砂利敷きよりも雑草対策に効果があります。

  コンクリート舗装は駐車スペースや通路には施工しますが、景観を考慮するとお庭にはあまりお勧めできません。また、透水性がないので排水の事も考えなければいけません。

   そこで真砂土です。

   真砂土は花崗岩が風化して出来た砂とセメントなどを混ぜた物でコンクリートよりも透水性があり、砂利敷きよりも歩きやすく、コンクリート舗装よりも地表面が熱くなりません。

   見た目は土の風合いなのでお庭にお勧めです。

4)雑草対策方法③ 「レンガ・天然石・コンクリート平板による舗装」

   施工費用は高いですが、お庭をデザイン出来ます。

   レンガ・天然石・コンクリート製平板などは割れたりしない限り雑草が

   生えてくることはありません。また、下地舗装も行いますので人が歩いたり

   自転車程度の軽車両が通行しても敷材が下がる事はありません。

   敷材は様々な色・デザインがありますので、美しいお庭に仕上げれます。

 

雑草対策にも様々な方法がありますので、上に紹介した方法を組み合わせて

手間が掛からずステキなお庭にリホームしてみてはいかがでしょうか。